電気

電気料金プラン 時間帯別料金

電気

電気料金プラン 時間帯別料金

 

時間帯別の電気料金プランは、夜時間の料金単価を安くし、昼時間の料金単価を高くするものです。

昼は外出が多くて家に居ることが少ない方に向いています。夜間の電気を積極的に利用することで、昼間の電気使用量を減らせる可能性があります。

 

昼時間の料金単価と、夜時間の料金単価が切替わる時刻や、昼ー夜の電気料金単価は、電力会社やそのプランにより違いがあります。

(例:東京電力の場合、切替え時刻がプランによって23時~のプランや、深夜1時~のプランがある。)

時間帯別料金は、電力会社は地域によっては選択できない場合もあるので、具体的にはお住まいの地域ごとの電力会社のホームページでご確認ください。

 

適切なプランは、比較サイト・紹介サイトもあるので、自分に合った電力会社・料金プランを選択してください。

電力会社によっては、そのホームページ内で電気代を試算することも出来ます。

 

目次(クリックでジャンプします)

1 時間帯別の電気料金プランの利用と節約効果

2 夜間料金を利用するための住宅設備機器

3 設備機器以外の節約方法

4 さらに工夫で、できること

 

 

1 時間帯別の電気料金プランの利用と節約効果

 

このプランでは、夜間電力を積極的に利用することによって昼間の使用電力量を下げられるため、電気代の合計を抑えることにつながります。

昼時間の料金単価は「従量制プラン」よりも高いため当然ですよね。

昼間に使うためのエネルギーを、夜間電力を使ってあらかじめ貯めておく。そのために夜中もずーっと起きていて機器をオン/オフし続けるわけにはいきませんから、タイマー機能付きの夜間利用機器を設置ことになるわけです。

 

また、ガス機器を全く使わないオール電化専用の料金プランにし、ガス給湯器やガスコンロなどを使わないと、ガス使用料金・ガスの基本料金が無くなるため、電気代+ガス代の合計金額を抑えることにもなります。電気の使用量は多くなっても、ガス代の基本料金がなくなるだけでもトータルで考えると安く抑えることにつながるのです。

 

 

2 夜間料金を利用するための住宅設備機器

夜間の安い電気を利用するための住宅設備機器には次のようなものがあります。

 

貯湯式電気給湯器

・お風呂や台所などで使うお湯を、タイマーを使って夜間あらかじめ沸かし、貯めておくものです。

 

エコキュート

・貯湯式電気給湯器にヒートポンプユニットが付いたもので、熱交換による力も利用してお湯を沸かします。単純な貯湯式電気給湯器よりも効率的なため、オール電化住宅では標準的な設備となっています。

 

蓄熱暖房器

・主に冬季に使う暖房設備です。電気料金が安い夜間、機器内に熱を蓄えておき、蓄えておいた熱を寒い任意の時間に利用し暖房します。

 

IHクッキングヒーター

・オール電化にすることでお得な料金プランとすることが出来ますが、その場合ガスコンロの代わりに設置する機器です。

 

 

3 設備機器以外の節約方法

・料理を夜にする。

・給湯ポットは夜に沸かして昼に使う。

・洗濯・乾燥機は夜に行う。

・掃除機は夜使用する。

など

 

この頃の時間帯別料金プランは、深夜にならないと切替わらないものが多いので昼型人間には難しいかもしれません。また、集合住宅にお住まいの方は深夜の掃除や洗濯も気になりますね。

 

時間帯別料金プランはこのように、電気を使うのは安い時間帯の夜に。という使い方の工夫が必要です。昼にたくさんの電気を使うと逆に電気代は高くなってしまうのです。

 

 

4 さらに工夫で、できること

時間帯別料金で電気代を抑えるためには、これまで書いてきたように夜の安い電気を使って貯めておき、昼の高い電気を使わないことです。

さらに言うと、電力会社から購入する電気は昼に使わないということです。

 

住宅で使うエネルギーについては、電気・ガス・灯油、どれを使うことが安いの?と言われますが、それはその時々の経済状況や地域、建物の性能や、生活スタイルによります。

機器の新しい・古い、省エネ性能、使い方によっても変わります。

 

個人レベルで出来ること

ガスは作れませんが電気は作れるようになりました。

世間では様々な考え・意見のあることは理解していますが、ガスを自作することは出来ませんが、電気の場合は現在の技術・工夫で作る方法もあります。

 

太陽光発電との相性が良い

日中使用する電気を、太陽光発電でカバーすることができればいいですよね。

・時間帯別料金は昼の電気代が高いので、日中使用する電気は太陽光で発電した電気を使用できれば、電気代自体は抑えることが出来そうです。

・電力の需給バランスが悪くなると、需給ひっ迫警報やでんき予報などで節電が望まれますが、工夫次第で夏の日中晴れている時間は我慢せずに電気を使うこともできます。(発電電力を自家消費する場合)

 

大きめの蓄電池で工夫する

昼の単価が高くて夜は電気が安いのですから、夜の安い時間帯に充電しておいてその電力を昼に使えば、電気代を抑えることが出来そうです。

・大きな蓄電池を設置し、タイマーにより夜間充電しておいて昼に使う。

※充電する際には交流(AC)から直流(DC)に変換するため、節約効果は変換効率によって変わります。

(ACで充電時に変換→DC→使用時ACへ再変換の流れで2回変換される)

・蓄電池はいろいろあるが簡単な方法は、大きめのポータブル電源(ポータブルバッテリー)の利用も可能。

※オール電化で使われるエコキュートなどの設備機器は200vで必要な電力も大きく、対して一般的なポータブル電源の出力は100vのため

電圧・容量ともに200v機器は対応不可。

・ポータブル電源などの蓄電池があれば、停電への備えにもなる。

・大きめのポータブル電源であれば、停電中も一定時間であれば、冷蔵庫や電子レンジ・テレビやパソコンなども使うことが可能。

 

このように時間帯別料金プランは、電気代を抑えること工夫が多くあります。

その方法は従量制プランよりも多く、工夫次第で様々な方法をとることもできます。

自分で工夫できる方は、さらに電気代を抑えることもできる可能性があります。

 

 

コラムーヒトリゴト

①我が家の料金プラン

我が家はオール電化住宅なので、時間帯別料金設定プランです。

ガス代がないため、ガス代は当然0円。電気代も含んだ光熱費は比較的安く抑えられているほうだと思います。

 

以前は私も妻も会社勤め。子供も学校に行っていたので昼間はあまり電気を使いませんでした。

その後、リモート・テレワーク、外出自粛などで昼も家に居るようになり、単価が高い昼の時間帯に電気を使うようになりました。

家で仕事に電気を使っていても、その電気代が会社から支給されることはありませんでした。

 

外出していて昼に家を空けている場合は、昼の電気単価が高くても良かったのですが、昼に電気を使うようになったら電気がもったいないな。と思うようになりました。

 

 

②なんで時間帯別料金設定プランが出来たの?

夜間電力の利用は、原発の運用に関係しています。

原発は運転するための発熱(=発電)を始めると、簡単に停めたりは出来ないので需要のある時間だけの発熱とは出来ず、需要の少ない深夜でも発熱し続けます。

この発熱。エネルギーを捨てるのはもったいないので、夜間も何かに利用しましょう。ということですね。

深夜電力利用できるようにして、その電力を販売をすれば電力会社の売り上げもUPします。

そのために、時間帯別料金設定プランを積極的に営業されていたと記憶しています。

 

原発の稼働が前提のプランなので、原発があまり動いてない現在では、昼夜料金の差が少なくなりつつあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました