防災・減災電気

電気の有効利用・電気代の節約 深夜電力の活用

防災・減災

時間帯別の電気料金プランでは、深夜の料金単価が安く設定されています。

 

電気は無くてはならない、現代では欠かすことは出来ないライフライン。

なるべく安く抑えたい。でも深夜電力を使うために完全夜中型の昼夜逆転生活にすることは難しいですよね。

社会生活で支障を来たし、家族・友達ともすれ違い、また何しろ人間の本能に逆らうと体調を崩しかねません。

 

 

深夜電力の活用 電力を安く購入し、必要なタイミングで使う方法

エコキュートや貯湯式電気給湯器(オール電化住宅では基本的な方法)

一般の家庭生活で使う大きなエネルギーは、エアコン(冷暖房)・調理機器・お風呂(給湯・追い焚き)ではないでしょうか。

冷暖房や調理は起きている時間に行うものなので、時間をずらすことは出来ませんが、お湯を沸かすことは可能です。

エコキュートや貯湯式電気給湯器は貯湯タンクに貯めた水を深夜に沸かしてお湯にします。

暖房用のエネルギーを深夜に蓄えておく蓄熱暖房器を使うことも可能です。(冷房は出来ません)

 

 

もっと積極的に使う工夫

電力の安い深夜に電気を購入し、生活リズムを守るには工夫が必要で、時間の差を埋めてくれるものが必要になります。

バッテリーとか蓄電池の活用ですね。料金単価の安い深夜に蓄電池に充電しておいて、それを日中に使うという方法です。

 

家庭用蓄電池設備の設置

代表的な方法としては家庭用蓄電池設備を設置することです。専用製品を用いて電気工事も必要になるので専門業者に任せることになります。高価にはなりますが、きちんとした業者を選べば最も安心な方法になるでしょう。

 

簡易的な方法

簡易的な方法は、大型のポータブル電源の利用が考えられます。ポータブル電源本体は少し高価にはなりますが近い仕組みを作ることが出来ます。

 

安価に抑える方法

インバーターやバッテリーを配線でつないで、切替器を入れて・・・とシステムを組む方法もあります。複雑な電気工事が必要になるので、ちょっとハードルが高い方法ですが、費用は安く抑えられる可能性があります。

 

※深夜電力を使うため、電気の購入単価は安くなりますが、蓄電池への蓄電時&蓄電した電力使用時の変換効率によっては、電力購入単価と使用時の電力単価の比率を下回ってしまう場合があり、トータルの電気代が割高となってしまう可能性もあります。家庭用蓄電池やポータブル電源、蓄電池の充放電性能と電気の昼夜料金差をご確認して判断する必要があります。

 

 

深夜電力で蓄電池に電気を蓄えて使うと、ほかに良いこともあります。

・社会のピークと電気の使用時間帯がずらせるため、需給バランスを気にせず電気を使用することが出来ます。一時的な電力需給ひっ迫注意報などに振り回されない生活が送れます。

・需給バランス上ゆとりのある時間帯に電気を使うので、社会に対して貢献している(?)気持ちになれるかもしれません・・・。

・蓄電池は災害対策にもメリットがあります。いつもある程度は充電された状態にしておくと災害時に使用することが出来ます。

※加えて太陽光発電で充電できるようにしておくと、なお安心感が増しますね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました